NPO法人コミュニティリンク|シビックテックやGovTechなど地域ICT利活用・社会実装にチャレンジします

NPO法人コミュニティリンク

採用情報

採用情報

テクノロジー×協働の力で日本各地の社会課題に挑むプロジェクトマネージャーを募集!

コミュニティリンクでは、様々な社会課題に一緒に取り組んでいただけるメンバーを随時募集しています。
現在は「Urban Innovation Japan」事業のコアメンバー(事業統括マネージャー)とプロジェクトマネージャーを募集していますので、ご興味ありましたらエントリーフォームよりぜひご連絡ください!

【目次】

  1. 私たちは「Urban Innovation Japan」で何をやっているのか
  2. コミュニティリンクの働き方の特徴
  3. 募集要項
  4. 採用ステップ&エントリーフォーム
  5. 社員紹介

私たちは「Urban Innovation Japan」で何をやっているのか

Urban Innovation JAPANは「スタートアップと行政職員が協働する、新たな地域課題解決プロジェクト」で、2018年から神戸市で本格的に動き出したUrban Innovation KOBEから続く取り組みです。

スタートアップに対してビジネスチャンスを提供し、自治体にはテクノロジーを活用して課題解決を行い、日本全国の地域・社会課題の解決を目指したいと考えています。

概念図:スタートアップと行政職員が協働し、サービス開発を行います。

今後人口減少・超高齢化社会となり、自治体が解決すべき課題はますます増えるばかり
今までと同じ方法では、解決できないことが見えてきています。
だからこそ、イノベーションを起こしうるであろうスタートアップの参画が必要ですが、スタートアップが参入するには、サービスの価値を検証する実証フィールドやマーケットが必要です。

しかし、今まで自治体が行っていた企画提案型の公募の方法では、

・自治体業務実績のある事業者が高く評価される
・仮説検証がないまま仕様書をつくってしまう
・新規参入企業に知られていないので、いつも同じ企業しか入札しない
・自治体職員もどこの企業に頼んでいいかわからない

など、互いにうまくいかない結果となってしまうことも度々起きています。
そこで、2017年から神戸市では、テクノロジーに強い民間企業・団体と市の職員が協働し、社会課題の解決策を生み出し、実証実験を行うUrban Innovation KOBEをスタートさせました。
課題解決につながった解決策は、神戸市が調達し、本格導入を検討します。
2018年の実績では、実証実験段階で7割近い課題が解決しました。

そして、神戸市での取り組みの成果を受けて、2019年からUrban Innovation JAPAN(以下、UIJと省略)と改名し、全国の自治体が参画できるようになりました
UIJは、全国の自治体の課題や実証実験の成果を共有し、課題解決の精度やスピードを上げながら、全国の各地でイノベーションを生み出すエコシステムを作り、スタートアップが活躍・成長できる世界を目指して加速していきます。
そんなUIJの輪を一緒に広げてくれる仲間を募集します。

コミュニティリンクの働き方の特徴

会社は兵庫県(宝塚市・神戸市)にありますが、UIJ事業は全国の自治体が対象となるため、リモート勤務も柔軟に対応しています。
コミュニティリンクの働き方の特徴は以下の通りです。

① 社会貢献性の高い業務
今回募集しているUIJの他にも、地域や社会の課題解決に向けた様々な取り組みを実施しています。
起業プラザ(兵庫県):起業にチャレンジしやすいエコシステムの場を創出し、起業家の成長を支援
すごいすと(兵庫県):県内で様々な分野で活躍している人の紹介を通して、ふるさと兵庫の魅力を幅広く発信

②持続可能なライフワークバランスに向けた、自由な働き方の推進
コミュニティリンクは自由な社風が特徴の一つです。その理由は、様々なライフワークが当たり前となってきた中、働き方も個人の資質や状況に合わせて、フレキシブルに整えていくことが重要だと捉えているからです。
社員数10名ほどの会社ながら、2019年には男性社員が育児休暇を数ヶ月取得するなどの実績も生まれています。

具体的には以下のような取り組みを実施しています。
テレワークの推進
フレックスタイム制の導入(社員の約半数に適用)
・1on1ミーティングなどを通じて、個人のキャリアアップを支援

③給与・福利厚生以外の魅力
給与や福利厚生以外にも、仕事を通じて様々な経験やネットワークを得られる点も魅力として受け取られています。
自治体DXやスマートシティの現場の知見が得られること
・自治体、各地域のキーマンやITなどのテクノロジー系のスタートアップ、大手IT企業まで、各分野の最前線の人と仕事ができること
・これから10年、20年先を見据えた地域や自治体のあり方を考える機会を得られること

募集要項

(1)UIJ 3人目のコアメンバー (事業統括マネージャー)

業務内容・コアメンバーとしてUrban Innovation Japanの事業運営全般
・Urban Innovation Japanの新規事業開発
・全国の地方自治体との企画、設計、調整を含めたマネジメント全般
・自治体とスタートアップの協働プロジェクトのマネジメント
必要な経験/スキルプロジェクトのマネジメント経験
あると望ましい経験/スキル・事業開発や企画業務の経験
・コンサルティング経験
・ファシリテーションスキル
・自治体との業務経験(もしくは、自治体での勤務経験)
・2年以上のIT業界でのプロジェクトマネジメント経験者
求める資質・社会課題に情熱を持って関わり、それを面白いと感じられること
・好奇心や公平さを持ち合わせていること
・振られた仕事ではなく、自分から仕事を作り出せること
・やりたいことを探求する姿勢
・ワークライフブレンドを自ら作り上げる意欲
基本給35~50万 (要相談)
※試用期間あり 
勤務地兵庫県神戸市内 三ノ宮駅近くのオフィス
※全国の自治体が対象になるため、他県での勤務やリモートワークも可能。(要相談)
就業時間フレックスタイム制 週休2日
標準労働時間 8時間
コアタイム無し
※ 勤務日数は相談可能
休日・休暇年末年始休暇12/29~1/3、夏季休暇、有給休暇
育児休暇、慶弔等特別休暇あり
福利厚生各種社会保険完備(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金)
吉永(コアメンバー)より

 Urban Innovation Japanは、全国展開し始めてまだ2年目のチームです。ここまで、もうひとりのコアメンバーである松村さんと二人三脚で進んできました。コロナ禍やDXの波もあり、案件の数も増え、規模も大きくなっていきましたが、私の目標は大きく、更に加速させたいと思っています。そこで、コアメンバーとして、フルコミットで僕ら二人と一緒に走ってくれるメンバーを募集します!
 少しだけ私の想いをお話させてください。私は、Urban Innovation Japanを通して、普段生活していて感じる違和感を、ちょっとでも期待に変えることができないかと考えています。私は、いろんなまちに住んできたのですが、自分が今住んでいるまちもそうですし、自分が育ったまちや、関わりの深いまちがあり、それぞれ思い返してみても、住んでいる人や企業、行政の人たちも、違和感を感じたり、それぞれの立場で葛藤したりしている気がするのです。
 私達は、自治体職員を軸にそんな違和感を感じている人同士を橋渡しして、オープンに課題を議論し、新しい手法や技術を使って、課題を乗り越え持続可能なまちや仕組みを作っていこうとしています。
 興味を持っていただけたら、まずはお話するだけでも結構ですので、ご連絡ください。ご応募お待ちしています!

松村(コアメンバー)より

 みなさんの自治体のイメージはどのようなものでしょうか? もしかすると「お役所仕事」「悪いニュースばかり」と感じることが少なくないかもしれません。しかし、実際には優秀で熱意のある職員の方や、効果的な取り組みなど、悪い面ばかりではありません。そして何よりも、私たちが知っている以上に自治体にしかできない仕事があり、果たすべき役割があります。前向きに捉えれば、解決すべき伸びしろしか無い状態と言っても過言ではありません。
 私はもともとスタートアップでエンジニアとして働いていましたが、もっとテクノロジーを社会・地域課題解決に役立てることができないか、とずっと考えて活動してきました。そのひとつの集大成とも言えるのが、Urban Innovation Japanです。私たちUrban Innovation Japanが目指すのは、テクノロジーありきの自治体DXやスマートシティではなく、スタートアップ・自治体職員と協働することで、地域の現場のニーズに合った、テクノロジーの社会実装を通した課題解決です。
 伸びしろばかりの自治体と、テクノロジーの可能性、この2つを掛け合わせると、やりたいこと、やるべきことが文字通り山のようにあり、到底2人のコアメンバーではやりきれるものではありません。今後5年、10年の日本の未来の姿を見据えて、ともに考え、ともに汗をかき、未来を切り拓いてくれるような3人目のメンバーが必要なのです。大変な仕事ではありますが、ぜひご応募をお待ちしております。

コアメンバーのことを更に知りたい方は、以下のページもご覧ください。

(2)UIJ プロジェクトマネージャー

業務内容・地域課題、行政課題の分析とスタートアップとのマッチング
・自治体とスタートアップの協働プロジェクトのマネジメント
・打ち合わせのファシリテーション、資料作成
経験/スキル・プロジェクトのマネジメント経験
・コンサルティング経験
・ファシリテーションスキル
・自治体との業務経験(もしくは、自治体での勤務経験)
・2年以上のIT業界でのプロジェクトマネジメント経験者
※上記の内1つ以上を満たす方
求める資質・自分で課題をみつけ課題解決に挑戦した経験
・社会課題に情熱を持って関わり、それを面白いと感じられること
・好奇心や公平さを持ち合わせていること
・振られた仕事だけでなく、自分から仕事を作り出せること
基本給25~40万 (要相談)
※試用期間あり
勤務地兵庫県神戸市内 三ノ宮駅近くのオフィス
※全国の自治体が対象になるため、他県での勤務やリモートワークも可能。(要相談)
就業時間フレックスタイム制 週休2日
標準労働時間 8時間
コアタイム無し
※ 勤務日数は相談可能
休日・休暇年末年始休暇12/29~1/3、夏季休暇、有給休暇
育児休暇、慶弔等特別休暇あり
福利厚生各種社会保険完備(雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金)

採用ステップ

まずは話を聞いてみたいという方は、オンライン(Zoom)で話すことが可能です。
お気軽にお問い合わせください。

① エントリーフォームで申請

② 書類(エントリーフォーム)審査

③ 1次面接(オンライン)

④ 2次面接(オンライン) ※省略する場合があります。

⑤ 最終面接(事務所での対面、またはオンライン)

社員紹介

はじめまして。相馬知佳と申します。
昨年6月からコミュニティリンクにジョインし、主にHRや組織戦略検討など組織体制強化の取り組みを担っています。
元々農林水産省に勤めており行政改革のテーマも関心が強いので、個別の事業ではUIXの自治体から集まる課題のブラッシュアップの方法や、課題解決に関心を寄せて頂けそうなスタートアップ等を以下に効果的・効率的に見つける方法の検討をコアメンバーと一緒に考えています。

私自身、元行政官でテクノロジーに明るかったわけではありません。その代わり、行政官が抱く「本当はこんなことできたらいいのに」という社会課題の種を実感を持って知っています。
その社会課題の種と現場に寄り添ったテクノロジーをつなげ、社会実装に至るまでの一連の流れに携われることは、手前みそながらやりがいを感じます。
新しくジョインされる方と一緒にUIX事業をさらに良いものにしていけたら嬉しいです。少しでも興味を持っていただけた点があれば、一度気軽にお話してみませんか?
あなたのご応募を心からお待ちしています。

詳細はこちら


■ご応募の際に開示していただく個人情報について
応募フォームなどを通じて、個人情報をご提供いただく場合があります。
ご提供いただいた個人情報については以下のとおり取り扱います。

■個人情報の利用
ご応募いただいた方を識別するために、氏名などの情報を利用いたします。
ご応募いただいた方を選考するために、フォームに記載されている職務経歴、志望動機などの情報を利用いたします。
ご応募に関するお問い合わせや回答、面接日時の連絡をするために、電話番号、電子メールアドレスなどの連絡先情報を利用いたします。
再応募の有無などを管理するために、応募の履歴や選考結果の情報を利用いたします。
応募者が採用された場合には、人事労務管理のために、氏名などの個人を識別する情報や職務経歴、資格などの情報を利用いたします。
当社を辞退されまたは不採用となられた応募者に対し将来的に当社から選考のご案内を連絡または送付する場合があります。その際は電話番号、電子メールアドレスなどの連絡先情報を利用いたします。
募集や採用の方法を見直したり、検討するために、年代、地域、職務経歴、応募職種などの情報を利用して、各種の分析を行うことがあります。

■個人情報の第三者への開示
情報の収集・分析などを行う委託先に対して、委託契約を締結したうえで個人情報を開示する場合があります。
その他法律によって認められる場合を除いて、応募者の個人情報を当該応募者の同意を得ずに第三者に開示・提供することはありません。


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Evernote
Send to LINE